オランダ

順序が逆でしたが、町の航空写真はこんなかんじです。Frieslandという11の主要都市からなる州で、田んぼの中を通るハイウェイが各都市をつないでるといった感じです。人工的につくられた地盤で(といってもコンクリの荒業ではなく盛り土なので造成に途方もない時間がかかってます)、各都市に2,3の小高い丘状の地形があります。オランダは水路インフラが優れた国として有名で(北海から平原を吹き抜ける風を活用する水車は、低地に入り込む外の水を汲み出す事に使われてきた。)、この町も周囲を皇居の様に堀が巡り、要所要所で内側に入りこんで分岐したり繋がったり。

上の建物はそういう水路にすぐ面した建物で水面に近いとこに倉庫の入口があったりします。

えっとそろそろ作業に戻ります。作業合間の飽きた時間にupしているので、このblogもう少し続きます^^。